• ホーム
  • バルトレックスと抗生物質の作用機序の違いと個人輸入

バルトレックスと抗生物質の作用機序の違いと個人輸入

バルトレックスは、口唇ヘルペスや性器ヘルペス、水痘などの治療に用いられ、感染原因であるヘルペスウイルスに有効とされる抗ウイルス化学療法剤であり、微生物や細菌に対して薬理効果が無いとされています。
その為、微生物や細菌などにより引き起こされる疾患の治療には抗生物質が有効とされていますが、逆に抗生物質はウイルスに対しては薬理がほとんど無いとされています。

バルトレックスは、バラシクロビルを主成分とするDNAポリメラーゼ阻害薬であり、体内でアシクロビルに分解されウイルス感染細胞内でデオキシグアノシン3リン酸に置換される事で正常なDNAの複製を抑制する効果発揮します。
アシクロビルの効果によりウイルス感染細胞内では複製DNAが不足する為にウイルスの増殖が出来ず、ウイルスによる感染症状の悪化を抑制する効果を示します。

抗生物質は、生物が生成する有機化合物であり、DNA複製阻害やRNA合成阻害、タンパク質合成阻害、細菌細胞壁合成阻害などの作用により他の微生物の細胞の成長や代謝を阻害する効果を示します。

バルトレックスは、アメリカやヨーロッパ各国で承認されている治療薬ですが、日本国内では医師などの処方箋無しでは購入出来ない医薬品です。
しかし、現在では他人への譲渡目的や営利目的で無い場合に限り特例として、厚生労働大臣の承認及び許可等や税関への届け出、厚生労働省の地方支分部局である地方厚生局での非営業輸入の証明などを受ける必要が免除されています。
抗ウイルス剤や抗生物質などの処方箋薬や劇毒薬は、薬剤に添付されている用法用量に基づき1カ月分の個人輸入が認められています。
又、処方箋薬や劇毒薬以外の一般的な医薬品等に関しては、用法用量に基づき2カ月分まで個人輸入出来ます。
また、個人輸入通販サイトで購入する場合には、まとめ買いでの割引が適用されるなどお得なサービスがたくさんあります。
お得にバルトレックスを手に入れるなら通販サイトがおすすめです!