• ホーム
  • バルトレックスの特徴とは?

バルトレックスの特徴とは?

カプセルと葉と瓶

バルトレックスは単純疱疹や帯状疱疹、口唇ヘルペスなどのヘルペスウイルスに対して効果がある抗ウイルス薬です。
ウイルスは別の細胞内に侵入してDNAを複製する事によって増殖していますが、DNAのコピーや再活性化を行うDNAポリメラーゼと呼ばれる酵素が関与しています。
その酵素の働きを阻害してヘルペスウイルスの増殖を抑える効果がバルトレックスにはあります。

人にもDNAポリメラーゼは存在しますが、バルトレックスはヘルペスウイルスのDNAポリメラーゼのみを阻害する作用を持っています。
バルトレックスの主成分はバラシクロビルという成分であり、このバラシクロビルが腸から吸収されて体内の酵素によってアシクロビルになり、アシクロビルがヘルペスウイルスの増殖を抑えるようになっています。
それではどうしてアシクロビルを直接投与しないのかというと、アシクロビルのままで服用した場合は腸からの吸収効率が良くなく、その吸収効率を改善したのがバラシクロビルであり、より効果が高くなるように考えられているのです。
こうした体内で成分の構造が変わる薬の事をプロドラッグと言い、バルトレックスはプロドラッグの一種という事になります。

バルトレックスはDNAポリメラーゼ阻害作用でウイルスの増殖を抑える働きがある事を既に説明したように、抗ウイルス薬といっても直接ウイルスを破壊する作用がある訳では無いです。
つまり、ウイルスが増殖しきって症状がピークになってから服用しても意味が無く、ウイルスが増殖して増える前に服用する事で症状を緩和する事が出来ます。
症状が現れ始めたら出来るだけ早く服用する事が大切であり、早ければ早い程、ウイルスの増殖を抑える効果がより高くなって回復するまでの期間が短くて済むという事です。