• ホーム
  • バルトレックスを服用する際の注意

バルトレックスを服用する際の注意

多様なカプセルと葉と瓶

バルトレックスは単純疱疹や口唇ヘルペス、性器ヘルペスなどのヘルペスウイルスに対して治療効果がある医薬品です。
ただ、バルトレックスを服用する際には適当に服用すれば良いという訳では無く、症状が現れたら出来るだけ早目に服用する事が大切です。
ヘルペスウイルスが体内で増殖する事によってこれらの病気の症状は進行していきますが、ウイルスは増殖するために人の細胞内に侵入し、ウイルスが増殖する際にはDNAポリメラーゼという酵素の働きが関与しています。
バルトレックスはヘルペスウイルスに対して有効であると言っても、直接ウイルスを攻撃する効果があるという訳では無くて、ウイルスのDNAポリメラーゼを阻害する働きで増殖を抑えているのです。
病気が進行するという事はそれだけウイルスが増殖してしまっているという事であり、それからバルトレックスを服用したところでほとんど意味が無くなってしまうために、だからこそ出来るだけ症状が現れたら早目に服用すべきなのです。

また、医薬品であるために用量や用法は守って飲む事も大切です。
きちんと守らないと思わぬ副作用が現れる可能性もゼロでは無いので気をつけた方が良いです。

特に注意してほしいのは個人輸入でバルトレックスを手に入れる場合です。
通常は病院に行って医師に診てもらった上で処方して貰い、だからこそ安心して服用する事が出来ています。
しかし、自己判断で個人輸入で薬を手に入れる場合だと、自分自身で注意事項に関しても理解している事が前提となります。
例えば、別の薬と併用する事で副作用が現れやすくなってしまう事もあり、ただ治療効果があるからといって他の薬との併用について気にせずに服用してしまうと思わぬ事態になる事もあります。