オンカジで一撃配当を獲得したら税金は払う?オンカジの税金事情を解説

一撃スロット税金

最近は日本人がやるギャンブルの一つとしてオンカジが認知されて来ていますが、それでもまだ歴史は浅く、パチンコや競馬ほどには発展していません。

なので、オンカジの税金事情について知っている方も少なく、もしも一撃の高額配当が出たときにどうするべきなのかわからなく、困ってしまうことが多いです。

よって、そんな方たちのために本記事では、以下のことを紹介していきます。

  • オンカジで稼いだお金は課税対象か
  • オンカジで稼いだお金は税務局からバレるか
  • オンカジの払うべき税金の計算方法
  • オンカジの税金対策方法
  • オンカジの税金に対しての5ch内での見解
  • 最近は日本人がやるギャンブルの一つとしてオンカジが認知されて来ていますが、それでもまだ歴史は浅く、パチンコや競馬ほどには発展していません。

    なので、オンカジの税金事情について知っている方も少なく、もしも一撃の高額配当が出たときにどうするべきなのかわからなく、困ってしまうことが多いです。

    よって、そんな方たちのために本記事では、以下のことを紹介していきます。

    • オンカジで稼いだお金は課税対象か
    • オンカジで稼いだお金は税務局からバレるか
    • オンカジの払うべき税金の計算方法
    • オンカジの税金対策方法
    • オンカジの税金に対しての5ch内での見解

    また、税金は日本に住む人にとって非常に大事なものなので、今現在オンカジをプレイしている方これからプレイしようと考えている方は、本記事に目を通しておきましょう。

    オンカジで稼いだお金は課税対象になる?

    オンカジ 一撃 税金

    結論から入ると、オンカジで稼いだお金は課税対象になります。

    なので、10種類ある税金区分の内の一つである一時所得として、50万円以上の儲けが出た時に確定申告をしなければいけません。

    また、基本的には競馬やパチンコなど、他のギャンブルも同じように税金を支払う必要がありますが、競馬などは現金で配当を受け取れることが多いので、税務署はこれらの利益を把握していない可能性が高く、税務調査も滅多に来ません。

    しかし、オンカジでは入出金にインターネットを介すので、多額の配当を出金したにも関わらず税務署に申告しなかった場合、税務調査が来る可能性があります。

    また、一時所得の場合、過去の溶かしてしまった入金分をまるまる同じ額取り戻し、その分を出金したとしてもそれが50万円以上の場合、負け分と相殺されることはなく、無申告として扱われてしまうので、要注意です。

    加えて、その場合に負け分勝ち分を相殺させる方法もあり、そのことについては後述しておりますので気になった方はご覧ください。

    オンカジで稼いだお金は税務局からバレる

    オンカジ 一撃 税金

    冒頭でも少し触れたように、競馬やパチンコなどは基本現金で取引するため、税務調査が入ることは滅多にありませんが、競馬の場合、高額配当且つインターネットで馬券を買ったときには、税務調査が来る可能性も高くなり、実際に脱税を摘発された事例もあります。

    なので、インターネットを介して入金したギャンブル(オンカジを含む)で大勝ちしたとき、申告をしないで出金してしまうと基本税務署にバレます。

    しかし、入出金を仮想通貨で行い、オンカジでの本人確認なしで出金できた場合は、税務調査が来る確率は下がります

    ですが、それでもかなりリスクがあるので、高配当を獲得した際にはしっかりと確定申告をしましょう。

    オンカジで稼いだお金に対しての税金の対象は”利益”

    オンカジ 一撃 税金

    オンカジで稼いだお金は一定額を超えた場合にしっかり申告をしないと、税務調査が来てしまうと説明しました。

    ですが、そもそもオンカジでの税金はどういった仕組みなのか疑問になっている方も多いと思いますので説明いたします。

    簡単に言うと、得た配当金(収益)からベット額(経費)を引き、利益を捻出し、その利益を申告します。

    例えばオンカジのスロットを1ドル賭けでプレイし、500ドルの配当金を獲得したとします。

    そうすると「500ドル(収益)1ドル(経費)」で499ドル利益になります。

    そして、一時所得には50万円の控除が存在するので”利益”が円換算にして50万円を超えていなければ申告の必要はありません。

    また、仮にオンカジで60万円程負けて、次の日に運良く高配当を獲得し、60万円を取り戻したという場面では、勝ち分負け分相殺されず、60万円分の税金をしっかり払わなくてはいけなくなってしまいます。

    配当金から引くのはあくまで”ベット額”のみということですね。

    オンカジで稼いだお金を確定申告しなかったらどうなる?最悪の場合”逮捕”も、、

    オンカジ 一撃 税金

    前述した通り、オンカジで得た利益50万円を超えていなければ、そもそも確定申告の必要はないです。

    しかし、もしも50万円以上利益を得て、確定申告をせずに放ったらかしにしてしまった場合、税務調査が入る可能性があります。

    そして、調査の結果、軽いものだと「申告漏れ」として申告を命じられ、重ければ「脱税の疑い」としてその場で逮捕されてしまいます。

    また、基本的には利益50万を超えていても、それを大幅に超えているか、あまり超えていないかで、税務調査がくる確率も変わり、見つかったときの罰の重さも変わってきます。

    しかし、本サイトの見解的には、オンカジでの利益50万円を超えている方は、確実に確定申告をすることをおすすめします。

    オンカジの払うべき税金の計算方法

    オンカジ 一撃 税金

    オンカジでの払うべき税金の計算方法ですが、難しい計算となっておりますので、「計算方法は大丈夫!」という方は次章まで読み飛ばしましょう

    一時所得は、ほかの所得と合わせて計算し、以下が払うべき税金の基礎的な計算方法となっています。

    オンカジで得た利益(収益ー経費)ー特別控除50万円/2=一時所得

    「(年収+一時所得)ー控除等×A%(Aは所得額によって変わる)=所得税

    「所得税×1.021(復興特別所得税額)ー源泉徴収費=納めるべき税金

    また、計算方法を見てもピンとこないと思うので年収450万の会社員だと仮定して、オンカジのスロットで100万儲けたとすると、納める税金は約3万円です。
    (※人によって控除額が違うので、全員がこの数字になるわけではありません!)

    この数字を見て「安い!」と思う方も「高い!」と思う方もいるとは思いますが、他の日にオンカジでの負け分があったとしても、それは考慮してくれないので、結局払う税金はないほうがいいでしょう。

    オンカジの税金対策方法

    本記事では、オンカジで儲かれば、税金を支払わなくてはいけないと書きました。

    しかし税理士を雇わない限り、自分で計算をし、税務署に申告書を提出しなければならないので、できるだけやりたくない作業ではありますよね。

    なので本章では、オンカジのスロットをプレイするうえで、税金対策のためにできることを2つまとめました。

    50万円は超えないようにしよう!

    オンカジ 一撃 税金

    極論ですが、正直税理士を雇うにしてもお金はかかりますし、自分で申告をするとしてもかなりめんどくさい作業になってきます。

    なので、無難に利益50万円超えないようにしましょう!

    しかし、50万円を超えたくなくても超えてしまう場合もあるので、その場合は50万円から浮いたお金を使ってオンカジで遊んで減らすか、あきらめてしっかり確定申告を行いましょう。

    オンカジを事業にする

    オンカジ 一撃 税金

    冒頭でも述べた通り、オンカジでの収益一時所得となりますが一時所得の定義としては、

    営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の一時の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しないもの
    (要約➡一時所得とは、稼ごうと思ってなかったけど手に入れちゃったお金のこと)

    と、国税庁のホームページにて記載されているので、オンカジを事業として登録すれば一時所得ではなく「事業所得」になります。

    事業所得にする最大のメリットは、オンカジで負けた分経費として計上できるということで、オンカジで長く稼ぎ続けるにはお得な方法です。

    なので、オンカジでしっかりと稼ぎたい方はぜひ、税務署にて事業登録をしましょう!

    オンカジの税金に関する5ch内での見解

     

    本記事では、基本的にオンカジの所得が50万を超えたら、申告をすることを推奨していますが、世の中の人たちはどういった意見を持っているのか、5ch内で調べましたので、共有いたします。

    ・スレ主の投稿
    オンカジ 一撃 税金

    スレ主「一時所得のことが良くわからない

    もし一日かけて100万増えたとしたら

    (全収入ー全支出ー50万)/2=税金

    (全収入ー勝ったときの支出ー50万)/2=税金
    もしくは
    (勝ったとき一回の収入ー勝ったとき一回の支出ー50万)/2=税金
    で一回の勝ち金額が50万未満だったら払わなくていい

    のどれだろうか?

    スレ主は課税対象額について疑問を抱いているようですね。

    ちなみに、この質問に答えると、真ん中の例が正しいです。

    ・その返信
    オンカジ 一撃 税金

    5チャンネラー1「そんなもんいちいち申告するバカいるか。

    5チャンネラー2「ネットカジノに手を出そうって奴が、税金のことなんか気にするか?

    5チャンネラーは、オンカジをプレイすること自体が良くない行為のため、税金のことは考える必要がないという旨を言っていますね。

    しかし、この投稿と返信自体が上の画像を見ても分かる通り2005年のものなので古く、いまではオンカジ自体が違法という考え方はなくなっており、過去にオンカジをプレイしたことで捕まった事例はありません。

    加えて、税金のことについてもっと詳しく知りたい方はお近くの税務署に問い合わせるか、知り合いの税理士にお尋ねください。

    まとめ

    オンカジのスロットをプレイしていて、一撃の配当が出た際にどうしても気になるのが「税金」ですよね。

    自分でせっかく勝ち取ったお金なので、できるだけ税金は払いたくありませんが、多額の配当を申告せずに放っておいたら、最悪の場合捕まってしまいます。

    なので、これからオンカジで稼ぐ予定の方や、すでに多額の配当を得た方で50万円以上の利益が発生している場合は、しっかりと決められた税金を払うのが、賢明な選択と言えるでしょう。